スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オトメハゼとハタタテハゼの同居


またデバが?!
と思っていたのは気のせいでしっかり9匹元気でした。
ニシキも元気です。

ところでうちのオトメハゼなんですが・・・


657_convert_20110115095246.jpg
寝床から出てきたところ。

というか、この寝床、ハタタテの寝床なんですが・・・

ハタタテはパイロットとしてデバと最初に入った住人。
当初2匹でしたがあっという間に1匹をイジメ殺した前科者--#)

オトメハゼを導入するときも、イジメられやしないか
心配していたのですが・・・

夜中に小さな穴から懐中電灯で覗いてみると、
2匹仲良く寝てました笑

魚同士の相性って、わかんないもんですねー


スポンサーサイト

オトメハゼの餌

と同居していたオトメハゼですが、
新しい住居ができたようです。


0143.jpg
最近この穴に住みつつ、
たまにハタタテの住居にもお泊りするという、
何ともうらやましい日々を過ごされております。


オトメハゼは底砂対策で投入しました。
なのであの砂を頬張ってエラから出す、
という動作の中でエサを取っているのだろう、
と思い込んでおりました。

気になったのは数日前です。
2日ほど姿を見せなかったので、「もしかしてヤバい?」
と思いいろいろ調べたところ、

「オトメハゼは餌付けなければやがて餓死する」

的なコメントが散見された訳で・・・


結局オトメハゼはその翌日に姿を見せたんですが、
言われて見れば、ガリガリかも
(アタマがデカいので太っているもんだと・・・)



で、餌付けに買ってきたのがこれ。





0102.jpg
コリドラスのエサです。

今更餌付けで隔離するのは超面倒だったので、
割ってちょっと強めに水槽に投げこんで、
オトメハゼの住居周辺にゆらゆら沈めて
様子を見ることにしました。



すると、

一発OK、食べました。
よほど腹ペコだったんですね。汗

それからというもの、
粒餌時間になると、「俺のエサもくれ~」
と言わんばかりに巣穴から出てきます。
そしてコリドラスの餌をフリスビー犬ばりに空中キャッチして
モグモグしてます。

このコリドラスの餌、
オトメハゼだけでなく、ニシキヤッコもお気に入りです。

ニシキヤッコは食べるというか餌がデカいので、
つつき回している内に結局最後はオトメハゼに略奪されてますが笑






犯人探し


購入意欲も一段落し、水槽も安定。
さぁこれからは維持、維持、と思ってた矢先・・・








040200.jpg

OH MY GOD!
最古参のハタタテハゼのひれが何者かにヤラれてる・・・
それも背びれ、尾びれと2箇所も。



犯人はだれ?どれ?どちらさん?




容疑者①タイガークイーン

040203.jpg

こやつらを投入してから、ハタタテがやられたので、
とりあえず疑ってみる。1匹獰猛だし。
ただ、そこまでならず者かというと、そうも思えない。




容疑者②クマドリ

040201.jpg

魚本来の性質からいうと、多分限りなくクロ。
ただ、他の魚をイジメている姿を見たことがない。
この個体はおとなしいし、違うと信じたい。




容疑者③カクレクマノミ

040204.jpg

カクレはハタゴの上を通過する魚すべてを威嚇します。
ひそかに、いぢわる顔だし。
ただ、だったらもっと前にやられてるので違うか・・・




容疑者④ヤエヤマギンポ

040206.jpg

久々の登場。
見た目が犯人っぽい。悪人顔。それだけ。
ごめんヨ~




容疑者⑤エメラルドグリーンクラブ

040202.jpg

何か黒光りしてるよ・・・怖ぇ~。
どんどんデカくなってる。
オトメハゼ用のコリドラスの餌に餌付いてしまった。雑食?




容疑者⑥オトメハゼ

040205.jpg

最近ハタタテと別居を始めました。
その腹いせにパクっと。
住まいの切れ目が縁の切れ目・・・

な~んて。




でも、マジでオトメが最も濃厚です。
ハタタテがふらふら泳いでると、ハタタテの尾びれ目掛けて
喰らい付いている光景を何度も目にしているので

多分、コリドラスの餌と間違えているだけなんですが・・・
悪気はないと思います。



オトメハゼが犯人であれば、
たいした問題ではないと思ってますが、
クマドリだったら今後どうしよう・・・
と内心気を揉んでます。







残念


タイガークィーン♂の捕獲のために
水槽をひっくり返したんですが、
そこにはもうひとつの目的がありました。

それはここ数日姿を見せなくなった愛着のある魚の
生存確認だったんですが・・・

姿を見せなくなったといえば、
ハタタテハゼが1ヶ月以上姿を消しつつ
ひょっこり現れたこともあり、

「きっとどこかで生きてるはず」

という期待を持ちつつだったんですが・・・



オトメハゼ。



巣穴の中で骨だけになっていました。

1月初旬からこれまで、順調に育っていました。
コリドラスの餌をバクバク喰いながら、健康そのもの、
体長は倍近くデカくなり、丸々と太っていたんですがね・・・

何か予兆があったのならまだしも、
ライバルがいる訳でもなく、
あれだけ元気だったのに・・・です。

最近PQのために孵化ブライン空爆しているので、
水質悪化が原因?と思ってみたりしますが、
だったらその前にハタゴが逝くのでは・・とか。

孵化ブライン=生きているから酸欠か?とか。

TQ♂がオトメハゼを死に追いやるまで
凶暴だったかというと、そこまではない。

他に最近変わったことと言えば、
デバが日に日に数を減らしています。
1ヶ月前までは12匹いたのに気がづけば7匹。
体側にヒドイ傷を負っちゃっているのも数匹。
デバ同士の争いだとは思うのですが、何か甲殻類いるのか?とか。

そういったこともあるので、
水槽をひっくり返した際、これまで放置していた
白黒まだらのカニ2匹、関係ないだろうけどウニ2匹も
念のため取り出しておきました。

また何かがポックリ逝くのでは?ちょっと不穏な感じです。





オトメハゼ後継魚


愛着ある魚の死だったというのに、
さてさて次のはぐはぐハゼを・・・と現金な気持ちが勝り、
速攻物色に出かけてしまいました。

水槽内のビブリオも心配なんですが、底砂の停滞も心配。
観賞用というよりは実用としてのベントス性ハゼは必須です。





ということで、

110828.jpg

カニハゼ。笑
ぜんぜん実用ではアリマセン・・・

なぜなら、


110830.jpg

どチビ過ぎ。3cm&2cm。
水槽全体の底砂を攪拌できるような大きさではありません。
思いっきり観賞用、というか、
一度この飼育難易度の高いハゼを入れてみたかっただけです

仲良さそうに見えますが、
別々のSHOPから買ってきた個体。ペア買いではありません。

なので最初は若干デカい方は本水槽にドボン、
チビはサテライトに入れてました。

しかし、両者ともハグハグすることもなく何時間も
じーっとしたまま。

しびれを切らし、チビも本水槽に入れてみました。
ケンカも心配だったので、デカい方から1mくらい遠くに。

するとあっという間に合流。
互いの臭いでも感知するが如く。これには驚き。

たまたま雌雄なのか、
心細くて身を寄せ合ってるだけなのかわかりませんが
ケンカもなく一安心。

と言えど、



110829.jpg

チビのほうはお腹と背中がくっつきそうなほど、ガリガリ。
あんまりハグハグしないし、ちょっと難しいかな。

長期飼育が困難らしいカニハゼ、
最終的にはまたオトメハゼに頼ることになりそうですが、
刹那的にでも十分見た目で楽しませてくれてます








それぞれのハゼ


ある意味予想通り、
カニハゼのチビっこは行方不明になってしまいました。
自分の選択眼の無さを反省。
なんかSHOPに行くとイレ込んじゃうんですよね、

「これでいっか」とかって。

いざ持ち帰って冷静に見ると

「なんだこの激ヤセ個体は!」って気付く・・・その繰り返しー

一方、もう1匹のデカい方は痩せることなく元気。
むしろちょっと太ったかも。

110912.jpg

110908.jpg

この個体は当面大丈夫な予感。
ちゃんと巣穴も作って1日中はぐはぐしてます。

それから、立上げパイロットフィッシュのハタタテハゼが
とうとう逝ってしまいました。合掌。

1ヶ月以上の行方不明期間を経て生き抜いた個体なので、
そうとうタフ、と思ってましたが、
これが逝っちゃうってことは、
やはりビブリオがある程度蔓延してるのか・・・

とはいえ、チョウ&ヤッコはぜんぜん平気な模様だし、
当面は様子見予定。




そしてもう1匹のハゼ。


110910.jpg

やはりオトメハゼの後継はオトメハゼしかいない!
ということで働いてもらってます。

入荷3日目の個体を持ち帰ったのですが、
持ち帰った当日にコリドラスの餌をパクっ。
翌日にはフライングキャッチもし始めた楽ちん個体です。

カニハゼ、オトメハゼは互いに完全無視。
2匹で底砂攪拌頑張ってもらいます!









カニハゼ3ヶ月経過


何だかんだで3ヶ月持ちました、カニハゼ。



カニハゼ

激ヤセですがね・・・

それもそのはず、餌付いていませんし・・・

一体何喰って維持しているのか不明、
生きてること自体不思議なカニハゼです。

粒餌は一生喰わないと誓った模様で、
絶対食べません。なんと頑固な。

休む間もなくずーっとハグハグしています。
休んでいるところを見たことがないくらいです。ほんと健気です。

毎朝、まずカニハゼを探します。
「あ、生きてる。」とホッとします。
水流が強いところでは流されてます。
そんなカニハゼを毎日応援しています。








検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。