スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハタゴ購入


久々に平和な混泳が成立したので、魚は当面いいや、
そうだ、ミドリイシを買いにいこう、手頃なテーブルを!
と思い立って、某SHOPへ。

ブリードの手頃な大きさのミドリイシがあったので、
購入しようと思ったら、同じ水槽のものをもうひとつ買うとお得!
とのことだったので、無理矢理ミドリイシを探していたところ、
なんだかイソギンチャク?風な触手の短い物体を発見。



俺「これ何ですか?イソギンチャクですか?」

店「先端パープルのハタゴです。沖縄産です。」

俺「(ひょえ~探してたやつじゃん、
  カクレの寝床にぴったりじゃん)」



ハタゴっていろんなSHOPで売ってる
30cmくらいの超デカイ可愛気のないヤツしか
お目にかかったことが無かったので、
こんなにキレイでこんなに小さいのあるんだーと、感動しました。


ということで、お持ち帰り。
6~7cmぐらいです。


02141.jpg

ママシマさん、そんなに近づくと喰われますよ





最初に、水槽中央付近に設置。





が・・・


カクレは100%無視

というかうちのカクレ、水面付近しか泳いでないので、
視界に入ってないし・・・


それならば、ということで、

カクレの定位置=パワーヘッドの上=水槽前面角

の水槽底にハタゴを移動。


すると・・・

02142.jpg

なんということでしょう!
移動して5分足らずでにスリスリ。

02143.jpg

ムギューって感じ。大はしゃぎです、カクレちゃん

カクレはブリード個体なのに、わかるんですね、
遺伝子が教えてくれるのでしょうか?


入ってくれたのは良かったんですが、
置いた場所のレイアウトがどうしても気に入らず、

「カクレがハタゴと認識したんだから動かしても見つけるはず」

とまた最初の中央付近に移動しようとすると・・・


・・・カクレちゃん、ハタゴを持ち上げても入ったままでした笑
そんなに好きなんかい、ハタゴが。




02144.jpg

やっぱ、海水の醍醐味ですなー
カクレクマノミととイソギンチャクの共生は。
1時間ほどにやけながら水槽に見入ってしまいました。


と、ほっとしたのも束の間。
すべて完了したあと、調べてみると・・・


「ハタゴの長期飼育は困難、超デリケート」



ひょえ~


・水合わせせずにそのままドボンしました
・水中をかなり手荒に移動させまくりました


さらに、

・自分が寝てる羽毛布団よりも高額でした

豪華なベットだよ、ほんと。

ミニハタゴ・・・




とりあえず、明日は生きてますよ~に~






スポンサーサイト

ハタゴは何処へ?


購入して2ヶ月弱のハタゴ。

040505.jpg

手のひらサイズ&沖縄産ということで、
我が家の生体の中ではダントツで高価=大切な個体です。

購入以来、ライブロックと底砂の間にじーっと鎮座しています。
自ら移動することもなく、手のかからないいい奴です。

エサは気が向いたときに乾燥クリルをふやかして殻を剥き、
与える程度(過去3回ほど)。
普段は魚用粒エサがが流れてくると、
触手で何個か食べている模様です。

そんなミニハタゴですが、
3日ほど前にちょっとレイアウトを動かした時から、
何が気に入らないのか、少しだけ上方に移動していました。

040503.jpg

今朝もこの状態だったはずなんですが、先程水槽に目をやると、






040506.jpg

消えてる
影もカタチもない
あるのは誰かのウンチだけ












一瞬かなり焦りました。











が少し上方に目をやると、

04050411.jpg

いた

というか、
どうやって間のミドリイシを乗り越えたのか・・・
ミドリイシに外傷は無い模様。脇をすり抜けたのか・・・
瞬間移動の術か・・・

にしても、一気に上方に移動。縦方向に20cmは動いています。

上方移動なので光量が足らないのか、
でも、テーブルの下の日陰に陣取ってるし。
ん~わからん。

それよりも、よりによってミドリイシ間の
せまーいところに・・・そこは止めて下さい・・・
お気を確かにハタゴ様・・・

ハタゴを引っ剥がして
元のところに戻そうとも思いましたが、
移動するにはそれなりの理由があるはずだし、
ここで調子を落とされては困る。

そもそも短時間でこれだけ動いたんだから
体力も相当消耗しているはず。

ということで渋々、レイアウト変更。

040507.jpg

また動く可能性もあるので、
最近買ったテーブルをハタゴから遠ざけ、
SCがモロ当たるミドリイシ用特等席に
色下がり顕著な生贄テーブルを置かざるを得ない状況に。

そこのけそこのけハタゴが通る・・・状態

明日も散策なされるのでしょうか・・・ハタゴ様・・・










そこですか…泣


散策を始めてしまったハタゴさま。
帰ってくると今朝と同じ位置にいらっしゃいました。

定位置がお決まりになった模様です。








040601.jpg

ライブロック裏にぶら下がってるの図。




見えない。
カクレも見えない。
この水槽にいる存在意義がなーい。

鑑賞させて欲しいのですがーっ!


本来、自然界では

「オーバーハング状態で活着している」

とのことなので、調子はいいんでしょうが、
よりによって、そこなんですか・・・ハタゴさま








ハタゴ3ヶ月経過


そういえば、ハタゴも3ヶ月経過していました。
ウズマキ同様、こちらもデカくなってきました。

というか、デカくなって「しまいました」が正しい気持ちですが。


入海直後

052204.jpg
このサイズぐらいがやはりベスト。



移動してオーバーハングしてた頃

052202.jpg
チビカクレ、こっそりハタゴの恩恵にw
にしてもデカカクレの顔、怖ぇ・・・



直近

052203.jpg
レイアウトをいじり、正対してもらいました。
ここ2週間ぐらいはこの場所で安定しています。

デカくなっちゃったなぁ・・カタチも波打つようになり、
だんだんハタゴらしくなってきてしまいました。

魚やサンゴははデカくなることに喜びを覚えますが、
ハタゴは頼むからデカくならないでくれ~って感じです。

導入直後は水槽前面に鎮座してもらいましたが、
やはり光を求めて移動するんですね、ハタゴ。

メタハラ直下に移動後、急にデカくなったような。
エサは1ヶ月に1回ほど、
乾燥クリルを与えているだけなんですがねー

移動時は周囲のミドリイシがどうなることかと思いましたが、
意外や意外、上手くすり抜けてくれた模様で、
ミドリイシには白化等の被害は全くありませんでした。

デカくなりつつも、ひそかに優等生に見えるハタゴさま。

ただ、この週末もハタタテを確認できませんでした。
もしかして犯人は貴殿?




ハタゴ6ヶ月経過


気がつけば半年になります、ハタゴ。
ここ数ヶ月は大きくなった感じはありません。
クリルやってないからかも。



11082002.jpg

11082001.jpg

エサやってませんが、調子はすこぶる良いみたいです。
特に水流を当てている訳ではないのですが、
まるでスポットで水勢が当たってるかのように
触手をたなびかせています。
大きさに変化はありませんが、触手が長くなったかも。

以前はデカカクレが占領しがちでしたが、
チビカクレがひそかにもぐりこんでも、追い出さなくなりました。
長い触手のおかげで邪魔だと感じないのかもしれません。

移動もしなくなりました。
SCディープブルーの直下、
水面から20~25cmほどの場所に鎮座しています。

うちのハタゴ様は大変お行儀が良いです。
移動の際もミドリイシを白化させずにすり抜けましたし、
過去、タンクメイトを飲み込んだ経歴もありません。

さらに長生きしてくれますよーにー









衝撃の瞬間


先程かなりショッキングな光景に遭遇しました。





会社近くのSHOPに前回ポイントカードを忘れてしまったので、
取りに行くがてら、手ぶらで帰るのも何なので、
前からほしかったチンアナゴを1匹連れて帰りました。


112603.jpg


結構元気な個体です。

水合わせ中、チンアナゴのために孵化ブラインも
沸かさなければ等々、上機嫌で作業をすすめ、さてさて入海。




チンアナゴって即砂に潜るわけじゃないんですね・・・

気付けば危険なエリアに・・・


112601.jpg

あーそこはダメ、ダメダメダメだ・か・ら!!
そして次の瞬間、



112602.jpg

ハタゴに尻尾をつかまれ、
あっという間に飲み込まれてしまいした


入海後約10秒で捕食されたチンアナゴ・・・
こんなことになろうとは・・・

チンアナゴのあっけない終焉と、
ハタゴの初の捕食場面に遭遇してしまい、しばし放心

チンアナゴよ、ほんとごめんなさい。








行方不明


ここ最近、神隠しが頻発


①スミレヤッコ

今朝から行方不明に。
スミレさんは毎日気に懸けていたので、
いないことにすぐに気づきました。
約1ヶ月前の購入当時に比べかなりヤセてしまっていたものの、
ここのところ先住からの攻撃も減り、エサの時間には
しっかり出てきて目視で5~6粒は粒餌を食べていただけに、
なぜだ・・・ショックです。


②オウゴンニジギンポ

はて?いつから居なくなったのか定かではありません。
先週末は見た憶えがあるのでここ最近かと・・・
スミレがいなくなり、同時に購入したこのギンポが
そういえば居ないな・・・と気付きました。
彼は餌付いておらず、STOP&GOで
ライブロックをつついていました。
カニハゼ、マンダリンといった餌付いていないのに
何か喰って生存している個体もいるのでこヤツも大丈夫かな?
と思っていたんですが・・・


③チンアナゴ

こちらは予想通り・・・
というかニシキアナゴが☆になった時点で見当たりませんでした。
ニシキアナゴは結局オトメハゼが吐き出し、
亡骸はそっくりそのまま底砂の上にあったのですが、
チンアナゴは一体どこへ・・・?


最近購入した魚ばかりです・・・残念。






ここ数日、餌もやってないのに
水槽左端の重鎮が急にデカくなった気がしないでもない・・・

HARAGO.jpg

ハタゴ様、貴女ではないことを願って止みません・・・








検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。