スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暴れるキクメイシ


キクメイシ。

購入した理由は何だったっけ?
多分、「整然とした幾何学模様が何となく好みかも」
と感じたからだったと思いますが、

友人からは

「キモい。生理的にダメなサンゴ」

と言われた憶えがあります。そっかなぁ
まあ人の好みはそれぞれ、ということで。

立ち上げて半月くらいで買ったので
毒性がどれ程のものかとか知ったこっちゃありませんでした。

当初は夜間のみポリプを出していたのですが、
最近は照明が煌々と点いている時間帯から

0506111111.jpg

こんな感じで、ひどい時には

050502.jpg

こんなことに。スナイパー触手出しまくり。

そしてこの触手で、

0500604.jpg

ピトっ。深場ミドリイシ捕獲w

スナイパー触手を引き剥がそうとすると、
先端が深場ミドリイシに残ったままでした。凄い吸着力。

この攻撃はイカン!ということで場所移動。

毒をもって毒を制す!
ではありませんが、毒性同士、大丈夫かな?と思い
ツツマルハナサンゴと同じ場所へ。
(ていうかどっちが勝つか見てみたかったゴメンナサイ)


翌朝、

05.jpg

キクメイシに軍配。
一晩でひとブランチ、殺らやれてしましました。


そしてもう一晩経つと、
050606.jpg

横のブランチもダメになってもうた

ツツマルハナサンゴってひとつのブランチがダメになると
全部ダメになる場合(前の個体はそうでした)もあれば、
そうでもないこともある。

050607.jpg

これも立上げ当初に買った個体(2ブランチ)ですが、
すぐひとブランチがダメになったものの、
もうひとブランチが広がってデカくなっています。


そもそも、キクメイシにしてもツツマルハナサンゴにしても
攻撃するからレイアウト場所に困るだけなんですよね・・・最終的に。

ツツマルハナサンゴは
独特のゆらゆら感が海っぽくて好きなんですけどねー

この手の毒性が強いサンゴは今後、購入を控えることにします。


あと、白点治療中のバーゲス。
5日目を迎え、やっと目に見えて白点消えてきました。
GW中には完治させたかったんですが、あと1週間はかかりそうです。







スポンサーサイト

アワサンゴ経緯


今年1月に購入したピンクのアワサンゴ。

海水水槽を立ち上げたばかりの右も左も判らない状態で
かなりボッたくられて購入した思い出のLPSです笑

アワサンゴはLRの上に置けばヤドカリ&シッタカに落とされる、
砂地に置けばオトメハゼに砂まみれにされる、という感じで、
3日に1回は動かしている気がします・・・
そんな悪条件でよく持ってるもんだ、と関心しています。




これは購入して間もないときの画像ですが、

11092807.jpg

「この発色は滅多にありませんよ」とか
そそのかされたのを憶えていますが、今見ると結構茶色いです。
既にヒラムシくっついてますね・・・汗
当時は全く気付きませんでした。




その後、カクレのお宿にされたり、

11092806.jpg

やはりヒラムシ見え隠れ・・・汗




こんな状況になっても

11092805.jpg

びっしり
当時はヒラムシだとは気付かず、
メタハラ焼け?とか思ってました。笑




そしてヒラムシであることが判明し、

リバイブ浴をしてみたり、

11092804.jpg


ニセモチノウオを投入してみたり、

11092802.jpg


ダメ押しでマンダリンを投入してみたり。

11092803.jpg



するとなんということでしょう・・・




11092801.jpg

気付けばこんなにキレイになってました
当時の茶色っぽさも抜け、淡いピンクに咲いています。

ニセモチノウオは結構効いたと思います。
捕食シーンは見ていませんが、
マンダリンを入れる以前にヒラムシは皆無だったので。

ポリプを長く伸ばしている状態or
現状のようなあまり伸ばしていない状態、
どちらが好調なのか判りませんが、
現状明らかにポリプの数も増え、
裏面までワックスが延びているので、いい状態だと思います。

今思えばいい買い物だったのかもしれません。笑










検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。