FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オトメハゼ後継魚


愛着ある魚の死だったというのに、
さてさて次のはぐはぐハゼを・・・と現金な気持ちが勝り、
速攻物色に出かけてしまいました。

水槽内のビブリオも心配なんですが、底砂の停滞も心配。
観賞用というよりは実用としてのベントス性ハゼは必須です。





ということで、

110828.jpg

カニハゼ。笑
ぜんぜん実用ではアリマセン・・・

なぜなら、


110830.jpg

どチビ過ぎ。3cm&2cm。
水槽全体の底砂を攪拌できるような大きさではありません。
思いっきり観賞用、というか、
一度この飼育難易度の高いハゼを入れてみたかっただけです

仲良さそうに見えますが、
別々のSHOPから買ってきた個体。ペア買いではありません。

なので最初は若干デカい方は本水槽にドボン、
チビはサテライトに入れてました。

しかし、両者ともハグハグすることもなく何時間も
じーっとしたまま。

しびれを切らし、チビも本水槽に入れてみました。
ケンカも心配だったので、デカい方から1mくらい遠くに。

するとあっという間に合流。
互いの臭いでも感知するが如く。これには驚き。

たまたま雌雄なのか、
心細くて身を寄せ合ってるだけなのかわかりませんが
ケンカもなく一安心。

と言えど、



110829.jpg

チビのほうはお腹と背中がくっつきそうなほど、ガリガリ。
あんまりハグハグしないし、ちょっと難しいかな。

長期飼育が困難らしいカニハゼ、
最終的にはまたオトメハゼに頼ることになりそうですが、
刹那的にでも十分見た目で楽しませてくれてます








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私の印象では、この子たちはPQ以上に粒餌食べませんよ。はぐはぐはするんですけどね~

No title

Yamamotchさん
今回は隔離してしっかり餌付けして・・・
と思ってたんですが、どうもセッカチでいけません。
粒餌ばら撒いてもヤッコたちが
もの凄い勢いで寄ってきて恐れおののいています。汗
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。