スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PHとKH


水槽を立ち上げて3ヶ月が過ぎようとしていますが、
いまだにPHとKHをうまくコントロールできていません

理想的には

PH(昼)8.2以上
PH(夜)8.0以上
KH:8~10

なんですが、現状は

PH(昼)8.10~8.20
PH(夜)7.75~7.85
KH:7~8

がやっとといったところです。
昼夜のPHの格差はコケの多さが原因ですかね・・・汗

KHはともかく、夜間のPHの下がり具合が何とも。
夜間は極力リアクターを止めてPH低下を抑制していますが、
うっかり忘れると朝「7.60」ってことも

かといって、ずっと夜間止めてるとKHが「6」になることも

現状、理想値ではないとは言え、
そう悪くない数値=生体に悪影響を及ぼさない程度の数値
だという認識なので、あまり気にはしていませんが、
できるだけ安心して水槽管理をしてゆきたい、とは思っています。

各種PH&KHの上昇剤を使えばホントは簡単なのかもしれませんが、
添加剤はもうコリゴリ・・・なのでパスです。

リアクターをうまく調整すれば、何とかなるのでは?
とも思いましたが、いくらやっても上手くゆかない、
というか良くわかりません。

リアクター説明書には
「排水のKHが25~30以上であればOK、それ以下の場合は
バルブを絞るかCO2の添加を増やすよ~に」と書いてあります。

現状、排水のKHは20です。

じゃあ、説明書通りに・・・とやろうとしても・・・

バルブはこれ以上絞ると止まるよレベル(1.5秒に1滴ぐらい)、
CO2もこれ以上増やすとPH下がりまくるよレベル
(リアクター内設定:PH6.5)なので、限界。

KHを上げたいんですが、
PH下降が気になって、説明書に従えません。
メディアの問題?とも思いましたがリアクターメーカー推奨品だし。

対策としての第一弾はお店の人に薦められたセカンドリアクター。
中にサンゴ砂を入れて、PH下降を緩衝しています。
しかし、セカンドリアクター通過後でもPHは7.0ぐらい。
若干は上がってますが、それでも低いよ、低い・・・




そして、いろんな先人達のブログを見て、
やっと行き着いた原始的解決法。
=「単なるエアレーション」です。

PHが下がるのはCO2が上昇するから。

魚飼育の基本はエアレーション。

金魚だって、メダカだってエアレーション。

なるほど~

ということで、

家に余っていた低出力のポンプを
とりあえずサンプにドボンしたところ、

上がるよ、上がる。モニターのPH値が上がっていく~

032202.jpg

朝一でも「7.94」(上の青い数値はリアクター内)

リアクター排水量も昼間と同様のままでの結果なので、
効果はテキメンでした。

もっとエアレーションすればPHは上がるのか?

今後、高出力のポンプで試してみたいと思います。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。